バックナンバー

  • 2022/09/09 (Fri) 11:00
    OCC News Vol.13(2022.9.9)
  • 2022/08/05 (Fri) 11:30
    OCC News Vol.12(2022.8.5)
  • 2022/07/08 (Fri) 11:30
    OCC News Vol.11(2022.7.8)
  • 2022/06/27 (Mon) 11:30
    OCC News Vol.10(2022.6.27)
  • 2022/06/10 (Fri) 11:30
    OCC News Vol.9(2022.6.10)
  • 2022/05/13 (Fri) 11:40
    OCC News Vol.8(2022.5.13)
  • 2022/04/08 (Fri) 11:50
    OCC News Vol.7(2022.4.8)
  • 2022/03/11 (Fri) 11:00
    OCC News Vol.6(2022.3.11)
  • 2022/02/10 (Thu) 11:45
    OCC News Vol.5(2022.2.10)
  • 2022/01/14 (Fri) 11:45
    OCC News Vol.4(2022.1.14)
  • 2021/12/10 (Fri) 12:00
    OCC News Vol.3(2021,12,10)
  • 2021/11/12 (Fri) 12:00
    OCC News Vol.2(2021.11.12)
  • 2021/10/08 (Fri) 12:00
    OCC News Vol.1(2021.10.8)

OCC News Vol.6(2022.3.11)

2022/03/11 (Fri) 11:00
メールマガジン〔OCC News〕 2022.3.11 発行 Vol.6
「 Si 分析(SiC 原料と金属 Si 原料の分析方法の違い)
 及び、塩酸可溶 Al の分析」

関 係 各 位

平素より格別のお引き立てを賜り、心より御礼申し上げます。

今回は、金属 Si の分析と金属 Al の分析について紹介します。

金属 Si は金属 Si 原料の主成分として、あるいは、SiC 原料中またはセラミックス(耐火物)製品中の微量成分として分析されます。
Si の含有量に応じて分析方法が異なります。0.1~10%(質量分率)の場合は、水素発生―ガス 容量法によって、10%以上では重量法+ICP 法によって分析します。

一方、金属 Al は塩酸可溶の Al として分析され、耐火物では微量添加物として利用されています。
耐火物中の塩酸可溶の Al の分析は溶液中に分解した Al 元素特有の発光強度を ICP 発光分光分析 装置(略して、ICP)によって分析します。
分析の定量範囲は 0.1~10%であり、ICP が適用でき るように Al 成分の入った試料溶液を希釈する必要があります。
なお、塩酸可溶の Al については、 詳細記事をご覧ください。

以上のように、当センターでは、分析元素の種類、含有量によって適切な分析方法を選択し、精度確保を図っています。

今回は、Si 及び Al の分析事例として、金属 Si 原料、SiC 原料、Al 含有耐火物の分析を行いました。
▼金属 Si 分析及び金属 Al 分析の事例 ▼

詳細をお知りになりたい方は、以下をクリックしてください。
http://occ.optic.or.jp/magazine/magazine_detail/index/6.html

******************************************************************
◎測定・分析、施設・機器利用、依頼研究のご相談、お見積などのご要望がありましたら、
以下のリンクからお問い合わせください。
▼測定・分析、施設・機器利用、依頼研究のお問い合わせは以下をクリック▼
https://occ.optic.or.jp/contact/contact_register.html

◎賛助会員への入会にご興味のある方
▼賛助会員のメリット、入会方法の情報は、以下をクリック▼
https://occ.optic.or.jp/contents/display/foundation/member.html

以上、OCCからのお知らせでした。
今後ともよろしくお願いいたします。
*******************************************************************
このメールは、弊社とお名刺を交換していただいた方、セミナー、講習で
アンケートにお答えいただいた方、以前に測定・分析、受託研究などを
ご依頼された方、弊社ホームページに問合せを頂いた方にお送りしています。

今後配信を希望されない方は、こちらを クリックしてください。
配信停止させて頂きます。
https://v.bmb.jp/bm/p/f/tf.php?id=ocrf140618&task=cancel

*******************************************************************
発行 一般財団法人 岡山セラミックス技術振興財団
   〒705-0021 岡山県備前市西片上1406-18
     連絡先:電話0869-64-0505 メールは以下をクリック▼
https://occ.optic.or.jp/contact/contact_register.html

当財団は、適確な情報を素早くお知らせするため、メールマガジンをはじめました。
今後も定期発行していきますので、よろしくお願いします。
*******************************************************************